北海道のバイト

北海道の治安については、ここ数年懸念されるべき自称が多発しています。

まず、最近の出来としてガスボンベの利用した警察権力向けの暴力行為が相次いだという事件です。

北海道県警には珍しく容疑者が捕まりましたが、その容疑者一人の単独犯行であることは疑わしく、その背後にあるのは組織的犯行ではないかとの見方が強いです。

さらに、北海道内のスキー場では降雪期の盗難が相次いでいます。

この事件とオーバラップするのは、朝鮮半島におけるスキー場の建設、並びに2018年の冬季オリンピック開催に向けて連動して行われていると飲み方が強いのも事実です。

北海道内というのは国土が広いことから、すべての地域に警察権力を生き渡させるということは人材と費用の面で大変なことではありますが、国民の安全を維持するという面で力を入れていく必要があります。

また、昔からそうその強い地域として知られることから、破壊工作がよく行われている地域であります。